わきがに効くジェルランキング完全版

わきがに効くジェルはどんなの?

わきがを抑える専用のジェルはサッと一塗りすればOKのため今人気となっています。含まれる有効成分は各社メーカーにより異なりますが、殺菌力・保湿性・制汗の3つにアプローチする成分が入っていれば効果的です。さらに、余計な化学成分を使用せずに肌に優しい配合成分であれば文句無し!安心して使えます。

 

当サイトは殺菌力・保湿性・制汗をしっかり抑えたわきがに効くジェルを厳選し紹介しています。どうぞ参考にしてください。

 

ラポマインの特徴

ラポマインは、わきがに悩む2万人の方々を救ってきた専用の対策ジェルになります。臭いの原因となる乾燥や菌にアプローチする保湿成分、殺菌成分を配合しつつ、臭いを拡散させてしまう汗もしっかりストップさせます!ラポマインは厚生省にも認められています。医薬部外品としてわきが抑制の効果が期待できます。当サイトから特別価格に加え返金保証付にて購入できます。

価格 5700円
評価 評価5
備考 限定サプリ付

 

ノアンデの特徴

ノアンデは、わきがの原因の菌を99.9%除菌する対策製品になります。嫌な臭いの元となる菌を一気に殺菌してくれます。また、臭いと同時に汗も止める制汗成分も含まれており、汗の臭いはもちろん汗ジミも気になりません。ノアンデは無添加無着色など肌に優しいため、肌が弱い方でも安心して使うことができます。

価格 4960円
評価 評価4
備考 返金保証付

 

デオプラスラボの特徴

デオプラスラボは、臭いを中心にブロックする成分を配合したわきがジェルになります。消臭成分の柿タンニンをはじめ、緑茶エキスや紅茶エキスなどをプラス。そして、汗を止める天然成分が5種類含まれています。臭いと汗にしっかりアプローチするのがデオプラスラボです。

価格 4611円
評価 評価3
備考 定期コースがお得

 

耳垢の状態をみればわきがの状態もわかる?

 

わきがというのは、ほんの少しの臭いでも気にする人もいれば、他人から言われないと気付かないという人もいます。そのくらい、微妙な問題でもあるのです。自分がひょっとしてわきがかもしれないと心配でも、なかなか臭いのことを人に聞くのは難しいものですよね。そんなとき、簡単にチェックできるのが耳垢による確認方法です。

 

耳垢の状態では、わきがであるかどうかがかなりの高確率で判断できるといいます。例えば、耳垢が湿っている人は、わきがである確率が高いといわれます。耳垢が湿っている人のおよそ9割が、わきがであるという統計も出ているほどです。

 

これが確かであるかどうかはともかく、高確率であることはいえるようです。耳垢が湿ってしまうのは、わきがの原因であるアポクリン腺が耳の中にも存在しているからだそうです。耳の中にアポクリン腺が存在している人は、体の中で一番多くアポクリン腺が存在するという脇の下にもアポクリン腺が多いというのです。

 

耳の中のアポクリン腺は、瘢痕の状態です。そのため、わきがのような嫌な臭いを発生させるということはありません。

 

他にも、わきの汗が多い、わき毛が多い、衣類の脇の下が黄ばむ、両親共にわきがであるといったことも、自分がわきがかどうかのチェックポイントとなります。気になる人は、振り返って考えてみてはいかがでしょうか。着用した後の衣類の脇の下の臭いを嗅いでみるというのも、簡単にわきがをチェックできる方法です。自分で不快だなと感じたら、他人にも不快な思いをさせている可能性が高いでしょう。

 

わきが手術はどんなの?

 

わきがを完全に治すには、ニオイのもとになっている汗腺を取り除く手術が必要です。わきがの手術にもいろいろありますが、大きく分けて非直視下手術法と直歯科手術法に大別されます。非直視下手術法には機械に頼って行う手術で「より早く治療ができる」「より傷跡を目立たなくする」というメリットがあります。

 

代表的なものとして「皮下組織削除法」と「皮下組織吸引法」があります。皮下組織削除法は、切開口からアポクリン腺を書き出す方法です。傷跡は目立ちませんが医師の高い技術が必要になります。アポクリン腺が完全にかきだせたかどうか判断しにくいので、経験がものをいいます。

 

皮下組織吸引法は、美容外科で行う脂肪吸引と同じように、吸引器でアポクリン腺を吸出する方法です。切開部分も小さく体への負担は小さいのですが、やはり完全に除去されたかどうかの判断ができないことです。もし残っていた場合、再発する可能性があります。またこの方法では、発汗量を減らすことはできません。

 

直視手術法は、医師が直接、手術する部位を見ながら自分の手で行う手術です。このうち剪除法は、最もポピュラーな手術法です。皮膚はそのまま残して皮下組織だけを除去する方法で、アポクリン腺と皮脂腺を取り除きます。術後は皮膚の固定が必要です。

 

アポクリン腺を皮膚と脂肪層から完全にはがすのが直視下剥離法です汗腺の摘出がスムーズで、取残しがなく再発の心配はありません。ただし、切開口がやや大きく、傷跡が目立ちやすいというデメリットがあります。どの方法にも一長一短があります。事前に医師と相談して、納得できる手術法を選ぶことが大切です。

更新履歴